留学先生日記

【語学留学】#18 提案する表現 Making suggestions

こんにちは、こんばんは、おはようございます!

元不登校中学校卒業時英語の成績2だった英語の先生Kazumaです。

オンラインサロンであげていた記事をこちらでドンドンあげていきます。一人でも多くの人に見てもらいたいです。中高生が読んで英語学習に常げてもらいたいので無料でドンドン情報提供をしていきます。
それじゃ、オンラインサロンの意味ないじゃんって思いますよね?
そういう訳ではありません。オンラインサロンは、双方でのやりとりが出来ます。例えば自分がまとめた記事を読んでわからないこと、質問等を聞けます。可能な限り返答します。また、個人的な宿題や学校の授業でわからないことを書き込んでいただいてもかまいません。ポンコツな自分がしっかり解説しますwww 全く関係ないことを私自身が書き込むこともあります。
オンラインサロンの入会プラットフォームは、クラウドファンディングで有名のCAMPFIREのコミュニティです。入会が確認できたらFacebookの非公開グループに招待します。

【中高生無料招待キャンペーン】


中高生のみなさんを【オンラインサロン】無料で招待します。
バンクーバーに留学中の元不登校中学校卒業時英語の成績2だった元英語の先生が『成績が上がる勉強方法』、『カナダ生活公開』、『YouTube、TikTokなどの企画をいっしょに考えられる』など様々なコンテンツを用意しています。メンバーになったらFacebookの非公開グループに招待しますのでFacebookのアカウントがあるとスムーズです。
無料招待の手順
①公式ラインを登録

友だち追加


②Facebookアカウント名を送る
③学生証または定期券など学生であることが証明できるの写真を送る
以上です。
確認ができたらこちら招待を送ります。

現在、クラウドファンディングで集めたメンバーと自分が依頼した管理人と私で小じんまりと活動をしています。平日はほぼ毎日更新しています。

今日は、【留学先生日記】#18 提案する表現 Making suggestionsを説明します。中学3年生、高校生で習う表現ですが、思った以上に日常生活で使います。友だちを誘う、仕事で意見を述べるときなど様々な場面で使います。そんな引きこもりの元もども部屋お兄さんが何となく説明していくので最後まで読んでいただけると嬉しいです。
私は、日本語が母国語で現在カナダのバンクーバーで語学留学をしています。大学生の頃、ブルガリアに2ヶ月間いたので、少しだけブルガリア語ができます。最近、身近な人の母国語がタガログ語、マンダリン、ポルトガル語だったりするのでブルガリア語のように緩く勉強はじめました。
そんな私が異なる言語を使う際に”今話している単語の品詞は名詞でその後に動詞を過去形にして”とか考えたことがありません。だから私は単語、表現、文法をイメージで覚えます。みなさん母国語ってそうやって習得しています。新しい言語を勉強して習得するにあたって、単語や文章のイメージができることがとても大切です。かんたんに説明をすると、”英語を英語で学び、英語で理解すること”です。

Vocabulary

brainstorm ideas: to come up with ideas (usually with other people)
offer suggestions: to tell someone what you think he/she could or should do
set up a meeting: to arrange a time and place to come together to discuss something
set clear goals: to carefully plan what you want to achieve
stay on schedule: to do your work on time
give feedback: to tell people how well they did something, and how they can do it better
create an agenda: to think of a list of topics to discuss at a meeting

提案する表現 Making suggestions

Notes
With suggest that, the verb in the second clause is always in the base form.
• You can use Let’s and could to make suggestions.
Let’s talk to them about it. We could send them an email.
• We often use questions to make suggestions as a way of softening them,of maxing them more polite.

提案する表現 Making suggestions1

What if I give them feedback?
Why don’t we give them feedback?
How about
we give them feedback?

(語順)(What if/Why don’t/How about)+主語S+動詞V+?

語順に関しては全く難しくありませんが、たずねる文なので疑問文です。
どれも”〜どうですか?”という表現です。
どちらかというとカジュアルな表現で、日本語の表現のしかただと”もし〜だったら”みたいな感じです。
What if traffic? You should leave soon.(渋滞だったらどうするの?いますぐ出発した方がいいよ。)

提案する表現 Making suggestions 2

How about setting some goals?

(語順)How about+動詞ing+?

語順に関しては全く難しくありませんが、こちらもたずねる文なので疑問文です。
”〜どうですか?”というていねいな表現になります。
How about gong out for lunch?(いっしょにランチ行きませんか?)

提案する表現 Making suggestions 3

I suggest (that) she set up a meeting.

(語順)主語1S+suggest+(that)+主語2S+動詞の原型

語順に関しては全く難しくありませんが、こちらは平叙文です。
“.”ピリオドで終わる文のことです。
“that”は省略できます。
最も注意することは、suggestの後にくる主語が三人称単数現在形でもその後の動詞が原型になることです。
”〜を提案します。”というていねいな表現になります。
I suggest (that) she set up a meeting.(私は彼女が会議を開くことを提案します。)

Practice

Complete the sentences. Use the words in parentheses to make a suggestion.
1. A: What time should I set up the meeting for?
B: You (could / set up) the meeting for 9:00.
2. A: It’s late. I don’t think we can finish tonight.
B: (What if / finish) tomorrow?
3. A: What kind of food should Lisa order for the client meeting?
B: She (could / order) some sandwiches.
4. A: I’m so frustrated! I can’t think of any good ideas!
B: (How about brainstorm) together?
5. A: How should we give them feedback?
B: (suggest / send) an email.
6. A: When can we meet to work on this?
B: (Why don’t meet) on Wednesday?

Rewrite the suggestions.
7. What if we give them some feedback?
I suggest( ).
8. Let’s talk to the designers about it.
Why don’t ( )?
9. How about setting up a daily meeting?
What if ( )?
10. How about we give them another chance?
Let’s ( ).
11. Why don’t we set some goals for the project?
How about we ( )?
12. I suggest that we brainstorm some ideas together.
What if ( )?
13. What if we meet this morning?
I suggest ( ).
14. Let’s offer some suggestions.
Why don’t ( )?

A.1. could set up
2. What if we finish
3. could order
4. How about brainstorming
5. I suggest we send
6. Why don’t we meet
7. that we give them some feedback
8. we talk to the designers about it.
9. we set up a daily meeting
10. give them another chance
11. set some goals for the project
12. we brainstorm some ideas together
13. we meet this morning
14. offer some suggestions

まとめ

提案する表現 Making suggestionsでした。
中学生、高校生で習うものですが、思った以上に使う表現です。
友だちいないんで、そんなに遊びに誘うことはありませんwww
たいした説明ができないポンコツが、ムダを省いてかんたんにまとめてみました。

この記事を読んで私が運営しているオンラインサロンに興味を持っていただけたら幸いです。オンラインサロンは、一方通行ではなく、双方向で気軽にやりとりができます。疑問に思ったことをコメントしたり、ご自身のことの投稿もできます。私は、宿題で何を書いたら良いのか思いつかないからお題くださいとかバンクーバーって雨ばかりだからレインクーバーってふざけた投稿をしたりもしています。

【中高生無料招待キャンペーン】


中高生のみなさんを【オンラインサロン】無料で招待します。
バンクーバーに留学中の元不登校中学校卒業時英語の成績2だった元英語の先生が『成績が上がる勉強方法』、『カナダ生活公開』、『YouTube、TikTokなどの企画をいっしょに考えられる』など様々なコンテンツを用意しています。メンバーになったらFacebookの非公開グループに招待しますのでFacebookのアカウントがあるとスムーズです。
無料招待の手順
①公式ラインを登録

友だち追加


②Facebookアカウント名を送る
③学生証または定期券など学生であることが証明できるの写真を送る
以上です。
確認ができたらこちら招待を送ります。

現在、クラウドファンディングで集めたメンバーと自分が依頼した管理人と私で小じんまりと活動をしています。平日はほぼ毎日更新しています。

エポスカードは、海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード


オススメのポイント

  • 入会金・年会費永年無料
  • カードを持っているだけで海外旅行中にあった事故の補償が受けられる
  • お得なレートで海外ATMを使って現地通貨をキャッシング
  • VISAだから世界中どこでも使いやすい、タッチ決済機能もある
  • 優待店が10,000店舗以上ある

エポスカードの海外旅行保険

自動付帯だからカードを持っているだけで補償が受けられます。

旅先での困った時も、海外の現地サポートデスクで日本語で対応してくれます。

旅先で壊してしまったとき、保険金額の範囲内で、自己負担額3,000円で補償が受けられます。

旅先で事故で入院してしまったら、支払った金額(治療費、入院費、薬剤費等)に対して最高270万円まで保険金が出ます。

旅先で不慮の事故で傷害死亡・後遺障害になってしまったら、最高500万円の保険金が出ます。

お申し込みはコチラから↓↓↓