デジタルマーケティング

【Co-op コープ留学】#31 5選 マーケティングを改善させる方法

こんにちは、こんばんは、おはようございます!

元不登校中学校卒業時英語の成績2だった英語の先生Kazumaです。

オンラインサロンであげていた記事をこちらでドンドンあげていきます。

一人でも多くの人に見てもらいたいです。

中高生が読んで英語学習に常げてもらいたいので無料でドンドン情報提供をしていきます。

それじゃ、オンラインサロンの意味ないじゃんって思いますよね?

そういう訳ではありません。

オンラインサロンは、双方でのやりとりが出来ます。

例えば自分がまとめた記事を読んでわからないこと、質問等を聞けます。

可能な限り返答します。

また、個人的な宿題や学校の授業でわからないことを書き込んでいただいてもかまいません。

ポンコツな自分がしっかり解説しますwww

全く関係ないことを私自身が書き込むこともあります。

オンラインサロンの入会プラットフォームは、クラウドファンディングで有名のCAMPFIREのコミュニティです。

入会が確認できたらFacebookの非公開グループに招待します。

【中高生無料招待キャンペーン】


中高生のみなさんを【オンラインサロン】無料で招待します。

バンクーバーに留学中の元不登校中学校卒業時英語の成績2だった元英語の先生が『成績が上がる勉強方法』、『カナダ生活公開』、『YouTube、TikTokなどの企画をいっしょに考えられる』など様々なコンテンツを用意しています。

メンバーになったらFacebookの非公開グループに招待しますのでFacebookのアカウントがあるとスムーズです。

無料招待の手順

①公式ラインを登録

友だち追加


②Facebookアカウント名を送る

③学生証または定期券など学生であることが証明できるの写真を送る

以上です。

確認ができたらこちら招待を送ります。

現在、クラウドファンディングで集めたメンバーと自分が依頼した管理人と私で小じんまりと活動をしています。

平日はほぼ毎日更新しています。

今日は、バイヤーペルソナ バイヤージャーニー ポジショニングステイトメントについて説明します。

3月の下旬にESL(語学学校)を卒業してそのままカレッジに通っています。

そこではデジタルマーケティングを英語で学んでいます。

大学では、教育学しか専門的に学んだことがないのでとても新鮮な気持ちです。

これまで授業を提供していた側なので、授業を受けていて先生の教え方にしかフォーカスできないそんな引きこもりの元もども部屋お兄さんが何となく説明していくので最後まで読んでいただけると嬉しいです。

私は、日本語が母国語で現在カナダのバンクーバーで語学留学をしています。

大学生の頃、ブルガリアに2ヶ月間いたので、少しだけブルガリア語ができます。

最近、身近な人の母国語がタガログ語、マンダリン、ポルトガル語だったりするのでブルガリア語のように緩く勉強はじめました。

そんな私が異なる言語を使う際に”今話している単語の品詞は名詞でその後に動詞を過去形にして”とか考えたことがありません。

だから私は単語、表現、文法をイメージで覚えます。

みなさん母国語ってそうやって習得しています。

新しい言語を勉強して習得するにあたって、単語や文章のイメージができることがとても大切です。

かんたんに説明をすると、”英語を英語で学び、英語で理解すること”です。

ユーザーエクスペリエンス UX (User Experience)

UXとは、User Experienceの略語です。

直訳すると”ユーザー体験”になります。

”Webサイトだけではなく、商品やサービスを通じて得られる体験のことです。

授業でBatmanマンガちっくなUXの解説を扱ったので参考にしてください。

下記にリンクを貼っておきます!!!

https://batux.design

これを読んでも私はよくわかりませんでしたwww

顧客調査 Customer Survey

マーケティングを改善させる方法に”顧客調査”があります。

”顧客調査”って何だよ?

言葉難し過ぎって思いますよね?

私は、顧客という言葉を聞くだけで難しいと考えてしまうので、あえて”お客さん”と柔らかい表現でブログを書くようにしています。

そんなことはどうでもよくてwww

噛み砕いて説明をすると、自分の商品やサービス利用しているお客さんにアンケートをすることです。

たまにアンケートに答えるとクーポンプレゼント、ポイントプレゼントみたいなことありませんか?

私は、商品やサービスに満足していますか?、どんな商品やサービスが欲しいですか?などについて答えたことがあります。

このようなアンケートを作成するにあたっていくつポイントがあるので説明をします。

  1. Rapport (関係)
  2. Generalquestions (一般的な質問)
  3. Experience with the brand (ブランドの経験)
  4. Psychological Projections (心理的予想)

直訳しているので意味わからないことがあると思います。

Rapport (関係)については、性別、年齢や職業など、Generalquestions (一般的な質問)については、商品やサービスに関係する生活習慣など、Experience with the brand (ブランドの経験)については、商品やサービスを利用した経験など、Psychological projections (心理的予想)については、商品やサービスに今後どのようなことを求めるかをたずねます。

授業では、Survey Monkymというサイトで顧客調査を作成しました。

一応リンクを載せておきます。

https://www.surveymonkey.com

無料でかんたんなアンケートを作成できます。

Googleでも作成ができますよ。

バリュー・プロポジション Value Proposition

バリュー・プロポジションとは、お客さんに提供する価値の組合せ。商品やサービスのメリット、自社の存在価値や独自性をお客さんに伝え、その価値を高めることです。

バリュー・プロポジションを検討するときには、お客さんの立場になり、自らの商品やサービスを見つめることが必要です。

お客さんは、自分たちが想定している価値とは別の価値を求めていたり見出してたりする可能性があります。

英語でデジタルマーケティングを学んでいるので、日本語でバリュー・プロポジションを書いたことありませんが、英語で書くときのフォーマットがあるので一応紹介します。

Co-opでデジタルマーケティングを学ぶとこんなものを作成します。

もしも海外で私のようにデジタルマーケティングを勉強している人は参考にしてください。

バリュー・プロポジション

Our (products and services) help(s) (customer segment) who want to (jobs to be done) by (your own verb, e.g. reducing avoiding) and (your own verb, e.g increasing, enabling).

(Tip Add at beginning or end of sentence unlike (competing value proposition)

太字をベースに自分の商品やサービスを説明すればいいだけです。

とりあえずこのフォーマットを使えば問題ありませんwww

テキトーに書けば先生が許してくれましたwww

キーワード Keywords

デジタルマーケティングとSEOは切り離せません。

キーワードを設定することでGoogleの検索で上位表示されるようになります。

そうすることで、Webページの閲覧数やYouTube再生回数を増やすことができます。

Googleのアルゴリズムは日々変わっていますが、必ずトレンドのキーワードがあります。

それをどうやって調べるのかは、色々な方法があります。

また違う記事で説明しようと思います。

https://www.wordstream.com/wp-content/uploads/2022/02/broad-phrase-exact-match-types-google-ads.png

https://iloveseo.com/wp-content/uploads/2021/04/search-volume-conversion-rate-chart-for-keywords.png

一応、こんな感じの資料を

インバウンドセールス Inbound Sales

インバウンドセールスとは、メールマガジンやセミナーなどを通じて情報発信をします。

情報発信に興味をもつ人は見込み客にすることができます。

とりあえず、授業で扱った画像をドンドン載せて行きます。

https://neilpatel.com/wp-content/uploads/2021/08/inbound-marketing-method-infographic-.png
https://blog.hubspot.com/hs-fs/hubfs/what%20is%20inbound%20sales%3F.png?width=2400&name=what%20is%20inbound%20sales%3F.png

この2つはこれまでの記事で何度も扱っているのでかんたんに説明します。

Webサイトを見て、気になってよく読み、商品やサービスを買おうか考え、商品やサービスを買ってもうらう仕組みです。

色々な専門用語がありますが、つまりお客さが商品やサービスを買う流れを説明しています。

https://blog.hubspot.com/hs-fs/hubfs/inbound%20versus%20outbound%20sales.png?width=2400&name=inbound%20versus%20outbound%20sales.png

アウトバウンドセールスとは、テレアポや飛び込み営業などのことです。

  • テレアポ(電話で営業をする)
  • 飛び込み営業(アポイントメントなしで営業をする)
  • 引き合い営業(電話やEメールでお客さんに製品や数量を知らせた上で、見積もりや納期などの引き合い条件をもらう)
  • レター営業(手紙で営業をする)

アウトバウンドのメリットは、営業したいお客さんを選べることです。

これがインバウンドにない強みです。

先ほど例をいくつかあげましたが、どれも営業したいお客さんを選べます。

一方、デメリットは、お客さんに商品やサービスを買ってもらえる可能性がとても低いことです。

例えば、100件の営業をしても1〜2件成功すれば良い方と言われています。

職種によりけりだと思いますが、私は実際に”お墓買いませんか?、お家買いませんか?”ってテレアポがあっても”大丈夫です”で切りませんか?

これがアウトバンドセールスです。

https://www.globalsocialmediamarketing.com/wp-content/uploads/2017/10/Screen-Shot-2017-10-16-at-10.45.08-AM.png

いっぱい説明をしてきましたが、とどめのインバウンドセールスの説明を載せておきます。

もうお腹いっぱいですよねwww

まとめ

こんな感じで、これまで、社会で働いたことがない元学校の先生がマーケティングについてまとめてみました。

おそらく、間違ってることだらけですよwww

自己啓発ってことでしばらく綴らせてください。

この記事を読んで私が運営しているオンラインサロンに興味を持っていただけたら幸いです。

オンラインサロンは、一方通行ではなく、双方向で気軽にやりとりができます。

疑問に思ったことをコメントしたり、ご自身のことの投稿もできます。

私は、宿題で何を書いたら良いのか思いつかないからお題くださいとかバンクーバーって雨ばかりだからレインクーバーってふざけた投稿をしたりもしています。

【中高生無料招待キャンペーン】


中高生のみなさんを【オンラインサロン】無料で招待します。


バンクーバーに留学中の元不登校中学校卒業時英語の成績2だった元英語の先生が『成績が上がる勉強方法』、『カナダ生活公開』、『YouTube、TikTokなどの企画をいっしょに考えられる』など様々なコンテンツを用意しています。

メンバーになったらFacebookの非公開グループに招待しますのでFacebookのアカウントがあるとスムーズです。


無料招待の手順


①公式ラインを登録

友だち追加


②Facebookアカウント名を送る


③学生証または定期券など学生であることが証明できるの写真を送る


以上です。


確認ができたらこちら招待を送ります。

現在、クラウドファンディングで集めたメンバーと自分が依頼した管理人と私で小じんまりと活動をしています。平日はほぼ毎日更新しています。

エポスカードは、海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード


オススメのポイント

  • 入会金・年会費永年無料
  • カードを持っているだけで海外旅行中にあった事故の補償が受けられる
  • お得なレートで海外ATMを使って現地通貨をキャッシング
  • VISAだから世界中どこでも使いやすい、タッチ決済機能もある
  • 優待店が10,000店舗以上ある

エポスカードの海外旅行保険

自動付帯だからカードを持っているだけで補償が受けられます。

旅先での困った時も、海外の現地サポートデスクで日本語で対応してくれます。

旅先で壊してしまったとき、保険金額の範囲内で、自己負担額3,000円で補償が受けられます。

旅先で事故で入院してしまったら、支払った金額(治療費、入院費、薬剤費等)に対して最高270万円まで保険金が出ます。

旅先で不慮の事故で傷害死亡・後遺障害になってしまったら、最高500万円の保険金が出ます。

お申し込みはコチラから↓↓↓