アジア

【超定番】マレーシアのクアラルンプールに卒業旅行 で訪れてオススメできる観光スポット3選 #4

こんにちは!

Kazumaです!!!

卒業旅行#3の記事は読んでいただけたでしょうか?

【若者必見】卒業旅行で訪れたソウルのオススメ観光スポット3選 #3大学生が卒業旅行で訪れた4泊5日6万円で韓国ソウルを楽しみました。旅行中にデモがあり、当時の朴槿恵大統領が弾劾訴追される前日まで観光していました。韓国ソウルの物価、食事、治安、交通、観光、宿泊など気になる情報をまとめました。...

YouTube KVC Kazuma Vlog Channelの登録もよろしくお願いします。

9月に『重大発表』があります。お楽しみ!!!

クアラルンプールを訪れる経緯と費用

私が卒業旅行でソウルの次に訪れたところは、マレーシアのクアラルンプールです。2017年3月11日〜3月17日まで滞在しました。初めて東南アジアを訪れました。以前クアラルンプールの体験談を少し記事にしましたが、北朝鮮の金正日の長男、金正男がクアラルンプール国際空港で2017年2月に暗殺されたその1か月後に訪れました。2016年の11月か12月には、航空券とホテルを予約していました。事件があったときは、驚きましたが、リアルでそこに行けるとわかったとき、ワクワクが止まりませんでした。(やっぱりバグってますwww)

事件があったから何か行動が制限されることはありませんでしたが、空港を中心に街中も警察官が多く、厳戒態勢だったのを覚えています。

2016年冬に卒業旅行の計画を一人で立て始めていました。そのときにたまたま連絡をとっていた隣の中学校の友だちに卒業旅行の予定があるか聞いてみました。

Kazuma

久しぶりじゃん!卒業旅行とか行く?

3月の中旬ぐらい空いてる?

S

特にないなー。空いてるよ!

Kazuma

マジ?

それなら、タイのバンコク、ベトナムのホーチミンかハノイ、マレーシアのクアラルンプールあたりの東南アジア行ってみたいんだよね。

予算は10万円以内で、どこ行きたい?

S

待って、海外行ってことないよwww

どこもよく分からないwww

Kazuma

OK!じゃ、俺の独断と偏見で決めるね!

どこも行ってみたいんだけど、個人的に多文化な国に行ってみたいからクアラルンプールにしよ。

価格も往復の航空券とホテルに1週間止まっても7万円で一番安いし、クアラルンプールだけでも遊べるところいっぱいあるみたいだし。

S

わかったwww

Kazuma

クアラルンプールは、パスポートないと予約できないから明日とかに申請してきて!

早くしないと値上がりするwww

申請はホームページ見ればすぐにできるからよろしく!!!

S

なるべく早く申請してくるわ!

Kazuma

すぐに予約するからパスポート手に入ったら写真があるページの写真を送って!

パスポート申請後

S

手に入ってたよ!

Kazuma

ありがとう!そんじゃ予約するね!!!

この海外旅行も友だちを半分拉致しましたwww 写真が送られてから10分ぐらいで予約を確定させました。スマホ一つで海外旅行の予約ができるだなんてすばらしすぎますよね。

こうして友だちも海外旅行にハマり、いっしょにベトナムのホーチミンとハノイへ行きました。私とは別に、香港やバンコクにも行ったそうです。ちょっとバグらせてしまいましたwww

私と海外へ行くとこのように行動力がバグることがありますwww

7万円ポッキリで往復の航空券と7泊のホテルを取りました。

クアラルンプール

クアラルンプールは、マレーシアの首都です。正式には、”クアラルンプール首都直轄領”といわれています。一般的には”KL”とアルファベットで呼ぶこともあるようです。また、中国語だと”吉隆坡”(北京語ジーロンポー、広東語ガッロンポー)と表記されています。空港で電子掲示板をよーく見ると書いてありますよねwww

クアラルンプール(Kuala Lumpur)は、”泥川の合流地点”という意味があります。マレー語で”Kuala 川の合流地点、河口”、”Lumpur 泥”というのが語源と言われています。実際に、マスジットジャメの前で、ゴンバック川とクラン川が合流して1つの泥川になっています。

改めて訪れる国のルーツを知るって面白いですね。

地理

マレーシアの領土は、マレー半島南部と南シナ海を挟んでボルネオ島北部にあります。私が訪れたのは、マレー半島南部の中西部の内陸にある首都クアラルンプールです。

気候は、高温多湿の熱帯雨林気候です。最高気温35℃前後、最低気温23℃前後、湿度は、80%ぐらいです。さすが常夏の赤道付近の東南アジアです。年間を通して降水量が多く、特に4月前後と11月前後に降水量が集中しています。終日雨が降る日は多くありませんが、スコール(急に雨が降り、風が強くなること、たまに雷もある)が昼夜問わず突然あります。スコール後は、とても湿度が高くなり、より蒸し暑く感じます。

スコールのときは、建物の中に入って雨宿りをします。1時間ぐらいで止むことがあります。日本のように長くしとしと雨が降ることが少ないです。

マレーシア

クラルンプール

クアラルンプール国際空港

クアラルンプールの中心地から40〜50kmほど南に行ったところにある空港です。こちらの空港はこれまで訪れたカタールのハマド国際空港、中国の浦東国際空港、韓国の仁川国際空港のように大きな空港ではありませんでした。それでも毎日たくさんの国際線が発着しています。

ターミナル1(KLIA)と2(klia2)があるので、必ず確認をしてくださいね。公式ホームページで確認できます。LCCがターミナル2(klia2)です。私は、羽田空港からエアアジアでクアラルンプール国際空港に行ったのでターミナル2(klia2)に到着しました。

私は、LCCのエアアジアを使ったので、事前にウェブチェックインや預け入れ荷物の申請を事前にしなければなりませんでした。申請をしないと荷物の超過料金を支払わなければならないので気をつけてください。カウンターで手続きすると高いのでネットかコールセンターがオススメです。

クアラルンプール国際空港

イミグレーションを通過したら大きな荷物を見つけてホテルに向かいます。マレーシアリンギットを持っていなかったら両替をしてから移動をしましょう。空港から市内への移動する方法はいくつかあります。

  1. バス
  2. 電車 KLIAエクスプレス
  3. タクシー

日本とほとんどいっしょです。私は、KLIAエクスプレスを使ってクアラルンプール市内のKLセントラル駅に向かいました。ターミナル2(klia2)からKLセントラル駅まで40分ぐらいでした。ターミナル1(KLIA)からならもう少し早くKLセントラル駅に着きます。運賃は、片道55リンギット(約1,500円)、往復100リンギット(約2,600円)でした。往復の方がお得だったので往復を買いました。空港にある表示通りに歩いて行けばたどり着けます。

これまで乗った空港から市内を繋げる電車の中でダントツのスピードです。価格は、安くありませんが、電車に乗ってすぐKLセントラル駅に着きます。ほとんど遅れもありませんでした。

今ならSIMカードを買ってGrabタクシーを呼んで全てタクシー移動しちゃいますwww

KLIAエクスプレスの動画があったので乗せておきます。

日本から飛行機で8時間ぐらいでクアラルンプールに着きます!

★クアラルンプール国際空港 公式ホームページ

https://airports.malaysiaairports.com.my

クアラルンプール国際空港 公式ホームページ

ビザ VISA

日本のパスポート持っていれば、90日間ビザなしで滞在できます。

有効期限6か月以上のパスポートがあれば大丈夫です。

時差

日本との時差は-1時間です。

距離があるのに北京時間といっしょなんですね。

交通

先ほども紹介しましたが、クアラルンプール市内には、電車、バス、タクシーなどの交通手段があります。他にも大都市を繋ぐ鉄道やバスもあります。私は、ほとんど電車しか使っていませんでした。電車は、時間がかかるかもしれませんが、現地人がもっとも使う交通手段ですので彼らの生活を感じることができます。冒険心がある人、時間がある人には、オススメです。クアラルンプールは、意外に車やバイクに乗っている人もいました。ラッシュアワーや週末は、道が混んでいることもありました。

電車(BRT Laluan Sunwayを含む)は、全部で13路線あります。(2021年現在サイトによって数え方が違います。。)各路線に番号で名前がつけられているのでとてもわかりやすく色もついてあるのでわかりやすいです。空港とKLセントラル駅を結ぶ路線は、LINE6,7のKLIAエクスプレスです。番号と色がついた路線は、LINE1〜12まであります。KLセントラル駅には、LINE1,2,5,6,7,8,9,10が停まります。

番号と色とは別に鉄道会社が分かれていますが、MRT(LINE9)、KLモノレール(LINE8)の2つを使えれば楽しめます。困ったらそこら辺の人に聞けばいいんですwww

運賃は激安です。1リンギットから8か9リンギット(約25〜240円)ぐらいで乗れます。めちゃくちゃ安いです。距離によって料金が変わります。日本の子ども料金で電車に乗れちゃいます。

券売機には、英語の表示があります。”日本語”表示はありませんので、英語表記を使うしかありません。行き先を選んで切符を買うと”トークン”というコイン型の切符が出てきます。それを改札にかざして改札を通って電車に乗ります。改札を出るときは”トークン”を改札に入れます。

路線図は、ネットにたくさんあります。日本であらかじめダウンロードしておくのがオススメです。

アホほど遅れるKTMの動画が奇跡的にありました。この電車の時刻表を信用してはいけません。30分遅れがデフォルトです。

★このリンクに英語の路線図があります。コレオススメです。無料でダウンロードできます。

https://www.tourismmalaysia.or.jp/area/kl_04.html

マレーシア政府観光局本国サイト ホームページ

民族

マレー系(約65%)、華人系(約24%)、インド系(約8%)、その他(約3%)等

多くがマレー系ですが、華人系の多くは、中国の広東省などの南部地方から来ているようです。歴史的な視点から見るとマレーシアと中国は、イギリスの植民地になったことがあります。その影響で錫鉱(すずこう)労働者として連れて来られたなどといわれています。他にも貿易業が盛んになり移住したともいわれています。

インド系は、北インド系も南インド系もいます。南インド系のタミール人が多いといわれています。インド系の人がマレーシアに来た理由は、華人系と同じで、イギリスの植民地であったと考えられます。または、出稼ぎをしていたとも考えることもできますよね。鉱物資源やプランテーションで人手が欲しかったのもその理由かもしれません。

マレーシアは、過去にポルトガル、オランダ、イギリスそして日本(第二次世界大戦中3年間)に占領されている歴史があります。1963年にマレーシアとしてイギリスから独立しました。その2年後、1965年にシンガポールがマレーシアから独立しました。

歴史を知ることで新しい発見がありますね。

言語

マレー系はマレー語マレーシア語、華人系は中国語(北京語、広東語、福建語などの方言)、インド系は南インド系がタミール語、北インド系がヒンドゥー語と民族によって様々な言語が話されています。

イギリスによって占領されていたのが長かったので英語が第2公用語として使われています。英語はしっかり通じますし、英語表記が多くあるので現地人が使う言語ができなくても何とかなります。

電車のアナウンスは、マレー語の後に英語のアナウンスがあります。レストランのメニューは、どこでも英語のメニューがあります。地方に行くと英語が通じないと聞きましたが、クアラルンプールで遊ぶだけであれば気にする必要はありません。

宗教

マレー系の多くがイスラム教、華人系の多くが仏教、インド系多くがヒンドゥー教と民族によって様々な宗教が信仰されています。

クアラルンプールの街中には、イスラム教のモスク、仏教の寺院、ヒンドゥー教の寺院などそれぞれの民族のものがあります。マレーシアの多くがイスラム教のマレー人であるためモスクが多くあります。スーパーに行けばハラルマークがついている食材があります。ハラルマークは、イスラム教徒が食べることができる食材のことです。イスラム教徒以外でも食べることができます。

イスラム教
仏教
ヒンドゥー教

治安

悪いです。

ブルガリアほど悪くありませんが、ポケットに物は入れない。荷物は肌身離さない。夜は注意して歩きましょう。

海外あるあるだと思いますが、空港でしつこくタクシー運転手が声をかけてきます。声をかけてくるタクシーのほとんどがぼったくりですがwww 客引きで向こうから話しかけてくる人を信用してはいけません。

これまでの経験上、多くの国がスリ、置き引き、ひったくり、強盗、詐欺、ぼったくりの犯罪は当たり前と思ってもいいと思います。客引きで向こうから話しかけてくる人を信用してはいけません。

繁華街の裏道、スーパーマーケットの出入り口、駅周辺など人が集まるところには、ホームレスやものごいがたくさんいます。金をくれ、食べ物くれ、飲み物くれなどねだられます。

全て無視するしかありません。

通貨

リンギット(RM)1リンギット=25円ぐらいです。(2021年5月)

セン(リンギットの100分の1単位、100セン=1リンギット)

物価

物価は、全体的に日本よりかなり安いです。

500lmの水のペットボトル1本が、1〜1,5リンギット(約25〜40円)ぐらいでした。もちろん水道水は飲めないので水を買わなければなりません。

”交通”でも紹介しましたが、交通費は、日本より安いです。

衣類は、日本より、30〜40%ぐらい安いです。有名ブランドは日本で買うのとそれほど変わらないものがありますが、ラルフローレンは、本当に安かったです。パチモノではなくしっかり正規のお店が入っているところで買いました。マレーシアとインドは、ラルフローレンが安いので何着か買いました。海外サイズなので日本のよりワンサイズ小さいのを買いました。それでもお腹のあたりが緩かったです。必ず試着して買いましょう。

日本より高いものは、日本のメーカーです。衣類、家電、食品など様々な日本のメーカーのものがありました。価格は、1.5〜2倍ぐらいでした。その他日本以外の輸入物も同じぐらいの価格でした。関税や運搬で値段が変わることがよくわかりました。

チップの文化はありません!!

コンセント 周波数 電圧

マレーシアのコンセントは、タイプB3、BF、Cの3タイプです。

周波数は50Hz、電圧は220か240Vです。

日本のコンセントは、タイプAなので形が異なります。電圧100Vは全国共通ですが、東日本50Hzと西日本60Hzで周波数が違います。

コンセントタイプB3のイラストです。

コンセントタイプBFのイラストです。

コンセントタイプCのイラストです。

観光スポット3選 in クアラルンプール Kuala Lumpur

私がクアラルンプールを訪れて知ったオススメできる観光スポットを3つ紹介します。本当はもっとたくさん訪れていますが、超厳選した観光スポットをお伝えします。

以前の記事でも書きましたが、私が訪れる1ヶ月前に金正男の暗殺事件がクアラルンプール国際空港であったので、空港を中心に警察が多かった厳戒態勢の街を観光していました。

クアラルンプールの街をブラブラ歩いていましたが、そんなに危ない感じはありませんでした。

空港には何人か日本人がいましたが、街に行くとほとんどいませんでした。どちらかと言えば、現地人と日本人以外の観光客が半々のところが多かったです。日本人はどこで遊んでいるんでしょうかwww

ペトロナスツインタワー スリアKLCC

ペトロナスツインタワーのふもとにスリアKLCCがあります。日本の東京スカイツリーとソラマチと同じだと思ってください。最寄り駅は、LINE5LRTの”KLCC駅”です。駅からもとても近いので迷うことはありません。

20世紀にできた高層ビルとしては、高さ452メートルの88階建てで世界一です。マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築され、アルゼンチンのシーザー・ペリによって設計されました。この高層ビルは、イスラム教寺院であるモスクに似ている特徴があります。2003年10月17日に台湾の台北市に建てられた全高509メートルの”台北101”に高さ世界一を抜かれました。しかし、今もツインタワーとしては世界一の高さの記録を持っています。

ペトロナスツインタワーの86階にある展望デッキに行くことができます。事前にネットで80リンギット(約2,200円)のチケットを購入をしておいた方がいいと思います。ホームページを見ると入場者数を制限しているようなので確認をしましょう。そして荷物の制限などもあるようです。私は展望デッキに行っていませんが、キレイな夜景を見られるのは確実です。

https://www.petronastwintowers.com.my/

ペトロナスツインタワー 公式ホームページ

スリアKLCCは、ペトロナスツインタワーのふもとにある大きなショッピングモールです。高級ブランドのアパレル店、マレーシアのお土産店なお店がたくさんあります。その中には、日本を代表する伊勢丹、紀伊國屋、UNIQLOなどもあります。飲食店もたくさんあるので美味しいもの探しもできます。本当に広いショッピングモールなので1日ここで遊べます。ビンボー学生だったのでほとんど見るだけでしたが、ショーをやっていたのでそれを見ていました。

https://www.suriaklcc.com.my/

スリアKLCC 公式ホームページ

下からのベストショットです。

昼間に訪れてもキレイな噴水ですが、夜に訪れるとライトアップされてもっとキレイになります。

ハイ、真顔wwwwwww

ブキッビンタン

ブキッビンタンは、クアラルンプールで最も有名な繁華街です。とても広いので1日では巡りきれないと思います。多くの観光客か訪れますが、地元の人もいるのでローカルな雰囲気も味わえます。ショッピンモールがいくつもあるのでその中でオススメところを紹介します。私は、2〜3日ぐらい時間をかけて巡っていました。

最寄り駅は、LINE8,9の”Bukit Bintang駅”です。駅を出たら人がたくさんいて繁華街が広がっています。

奇跡的に写真を撮っていましたwww 一番有名なパビリオンの前です。

パビリオン クアラルンプール Pavilion Kuala Lumpur

最も有名で大きなショッピンモールです。奇跡的に撮った写真にある噴水が目印のショッピンモールです。400以上のお店があるので飽きることはありません。高級店からローカル店まであります。レストランや映画館もありす。日本のお店が集まるエリアもあったと思います。私が思っているより、日本のお店が海外進出していることを知りました。

http://www.pavilion-kl.com/

パビリオン クアラルンプール 公式ホームページ

スターヒル ギャラリー Starhill Gallery

ブキッビンタンにある最も高級なショッピングモールです。パビリオンのすぐ近くにあります。ハイブランドがたくさんあります。建物に入った瞬間、高級感溢れる香りが漂ってきます。地下には世界各地の料理が食べられるレストランがあります。(ビンボー学生は、そんなところに行けないので現地人が訪れる屋台で飯食いますwww)

http://www.starhillgallery.com/

スターヒル ギャラリー 公式ホームページ

ベルジャヤタイムズスクエア Berjaya Times Square

ベルジャヤタイムズスクエア Berjaya Times Squareは、Bukit Bintang駅ではなく、LINE8の”Imbi(インビ)駅”に直結しているショッピングモールです。雨が降っていても駅から濡れずに遊びに行くことができます。歩いて観光ができるエリアでは目的地に直接行かず、周辺をブラブラ歩いていることがあります。そうしているときに見つけました。

ここには、アパレルショップ、レストラン、映画館だけではなく、屋内遊園地もあります。地下1階から11階にたくさんの施設が広がっています。ここで1日遊んでいたのを覚えています。

https://berjayatimessquarekl.com

ベルジャヤタイムズスクエア 公式ホームページ

サンウェイラグーン Sunway Lagoon

サンウェイラグーンは、広大なプール、遊園地、動物園があるアミューズメントパークです。日本の東京サマーランドと動物園が同じ敷地にあるようなものです。1日ここで遊ぶことができます。

一番の特徴は、人口の砂浜があるプールです。ウォータースライダーもたくさんあります。大人になっても本気ではしゃげるほど面白いです。ほぼ垂直に落ちるウォータースライダーが最も迫力ありました。危険すぎるのでスマホやカメラなどを持ちながら乗ることができません。ほぼ真下に向かって長い距離を滑り落ちます。内臓がフワッとしますwww プールで一通り遊んだら動物園や遊園地で遊びます。

チケットは、カウンターとネットで買えます。ネットで買った方が安いのでお得です。マレーシア人と外国人では値段が違います。外国人”International Traveller”は、大人”adult”202リンギット(約5,300円)です。マレーシアの物価から考えるととても高級な遊びです。

ネットでチケットを購入するとカウンターよりお得で待ち時間なく入場することができます。私もネットでチケットを買って入りました。チケットを買ってメールをカウンターで見せるだけです。とても簡単でした。

最寄り駅は、BRTの”Sunway Lagoon駅”ですが、広い敷地内を歩くことになるので思ったより駅から距離があります。Grabタクシーを使ってホテルから移動するのが最適かもしれません。

砂浜があるプールです。ムスリムの人がいるのでビキニの女性は少ないです。ムスリム用の水着があるのを初めて知りました。男性のムスリムもラッシュガードを着ている人がいました。最近、私も海やプールでラッシュガードを着ます。(日焼けにとても弱いからですwwww タトゥーがあるわけではありません。)

曇天中の曇天ですが、気温も湿度も高くプールがとても気持ちよかったです。

プールでオシッコしてはいけませんwww

メチャクチャはしゃいでますねwww 滝のようなところがあるので入って遊んでいます。心はしっかり子どものままwww

逆バンジーがありました、テレビ以外で初めて見ました。海外のアトラクションは手加減を知らないので本当に怖いです。

ホワイトタイガーの爪研ぎwww お尻のストレッチwww

クマのプーさズwww

メスライオンが暑くてくたばってるwww

オスライオンも暑くてくたばってるwww そりゃ気温38℃、湿度80%以上ですから。

クジャクのオスとメスです。大きく羽を広げているのがオスで、手前にいる白いのがメスです。

ヤマアラシです、ハリネズミじゃありませんwww

カラフルなヘビです、毒あるのかな?

カワイイのでコツメカワウソです、大きくて怖いのがオオツメカワウソです。

カラフルな鳥がたくさんいましたが、特にオウムがキレイでした。

動画がいつかありました!!!

http://sunwaylagoon.com/

サンウェイラグーン 公式ホームページ

クアラルンプールでのエピソード

私は、海外旅行で最低限の現地通貨しか持ち歩きません。レートのいいところで必要なだけ両替する、クレジットカードのキャッシングを活用するなど現地通過の調達には、工夫をしています。最近では日本でも現金をほとんど持っていませんwww

治安の悪い国で強盗に遭うこともあります。そのために、お金を財布だけではなく靴の底やバッグの中に隠していることもあります。万が一のために備えています。

”お金がなかったら何もできないじゃん!”って思いますよね?

現地通貨がたくさんなくてもクレジットカード、〇〇PAY、キャリア決済などのキャッシュレス決済を利用します。もちろん対応していないところもあるのでいくらかは現金を持っています。7割ぐらいの会計は、キャッシュレス決済にしています。

海外でキャッシュレス決済を利用するメリットは大きく3つあります。

  1. 最小限の現金しか持ち歩かないから強盗にあっても被害が少ない。
  2. 現地通貨の両替が最低限で済む。
  3. キャッシュレス決済のレートが最も良い。

1つ目の強盗には遭いたくありませんよね。私も遭ったことありませんが、ホームレスやものごいに囲まれたことはたくさんあります。ぼったくりとかは無視してきたりしました。2つ目の両替が最低限で済むと単純に遊ぶ時間が増えるので海外でより楽しめます。私は、3つ目が1番のメリットだと思います。両替のレートと為替レートを見ると自分がどれくらい損をしているのかがわかります。1,000円両替をしたから1,000円分ちょうど現地通貨が手に入るわけではありません。両替には手数料がかかるので、いくらか引かれてしまいます。その中でも最もレートがいいのが、キャッシュレス決済です。その手数料は、両替の手数料の半額ぐらいです。もっといいときもあります。注意しなければならないことが一つだけあります。それは、海外で買い物をしたときに支払い通貨を選択することです。”現地通貨or日本円”を選択するとき、必ず”現地通貨”を選んでください。そうしないとレートが高くなり損をすることがあります。それでも現金で買い物するよりお得です。簡単に説明すると”日本円”を選択したらお店がレートを自由に選択できるからです。一方、”現地通貨”を選択したらカード会社のレートなので安全でお得です。

キャッシュレス決済にもデメリットがあります。それは、クレジットカードのデータが盗まれて不正利用されることです。実際に私は、マレーシアのどこかでクレジットカードのデータを盗まれてしまい80万円不正利用されました。日本に帰ってきて1週間ぐらいしたらクレジットカード会社から電話がありました。正直めちゃくちゃ焦りました。クレジットカードの補償がしっかりしていたので私が不正利用された金額を1円も支払う必要がなくなりました。クレジットカード会社の方が”マレーシアで80万円ほど不審な利用があるのですが、心当たりありますか?”とたずねられましたが、使っても1〜2万ぐらいです。正直に”使っていません”って答えたら”そうですよね、不正利用だと思ったので連絡しました、今のカード使えなくして新しいカード送りますね”と言ってくれました。一安心です。

アドバイス:海外旅行後のクレジットカード会社からの電話にはしっかり出ましょう!

私のように不正利用がわかることあります。このことから海外でキャッシュレス決済を使うことをオススメします。安全で楽しい海外旅行にしましょう。

まとめ

この記事では、クアラルンプールの基本情報とオススメ観光スポット3選を紹介しました。

あの、、、”食レポしてないじゃん、ちょっとディープなことしてないじゃん”って思いますよね?ちゃんと次回の記事で”食レポ”も”ちょっとディープなこと”も紹介します。なので今回は、”物価・食事・治安・交通・観光・宿泊について5段階(最高5、最低1)で評価とコメント”をしません。

次回の記事でまとめて評価とコメントをします!

お楽しみ!!!

エポスカードは、海外旅行保険が自動付帯のクレジットカード


オススメのポイント

  • 入会金・年会費永年無料
  • カードを持っているだけで海外旅行中にあった事故の補償が受けられる
  • お得なレートで海外ATMを使って現地通貨をキャッシング
  • VISAだから世界中どこでも使いやすい、タッチ決済機能もある
  • 優待店が10,000店舗以上ある

エポスカードの海外旅行保険

自動付帯だからカードを持っているだけで補償が受けられます。

旅先での困った時も、海外の現地サポートデスクで日本語で対応してくれます。

旅先で壊してしまったとき、保険金額の範囲内で、自己負担額3,000円で補償が受けられます。

旅先で事故で入院してしまったら、支払った金額(治療費、入院費、薬剤費等)に対して最高270万円まで保険金が出ます。

旅先で不慮の事故で傷害死亡・後遺障害になってしまったら、最高500万円の保険金が出ます。

お申し込みはコチラから↓↓↓